スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2014.05.27 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    リア ブレーキローター交換 ノア ハブも外します

    運転をしているとフロントの下の方から音がするというお客様からのご依頼でトラブル
    シューティング

    ホイールバランスやハブベアリングの磨耗などいくつか原因が考えられますが、試乗し
    たところローターが怪しいということになり後日車両をお預かりすることになりました。

    新品のローターが到着し早速おクルマを入庫していただき作業を開始。
    このおクルマのローター外しには、ローター前のハブを先に外す必要があります。

    一般的に多いのはローターが一番手前(車両外側)に配置されていてホイールを外せばロー
    ターがすぐに外せる構造になっておりますが、このおクルマの場合、ハブを外さないと
    ローターが外れてこないタイプでした。

     





    ブレーキパッド及びブレーキマウントを外し、次にセンターの半卵形のキャップを外し
    ます。

    その中に割りピンとロックキャップ、ベアリングを押さえているナットが付いています
    ので、順次外していきます。
    ナットを外しますとベアリングが外れてきますので、ゴミなどが噛まないよう注意をし
    ながら外します。

    ベアリングから音が出ている場合には、新品交換をするところですが今回はローターが
    作業対象となりますので再使用することにします。

    ローターとハブを止めているボルト4本を外しますとそれぞれが分離できます。
    ほとんどのクルマが熱やサビなどで固着してしまっておりますので、叩いたり、バール
    で力をかけて外すことになると思います。

    ローターとハブを外しますとボディ側はこんな感じです。







    写真を撮り忘れてしまい作業途中を端折ってしまいますが、新品のローターを装着し元通
    りに収めていきます。

    ハブベアリングを押さえているナットの締め付けトルクは微妙です。
    テーパーローラーベアリングを使用しておりますので、締め付けすぎてもNGですし、締め
    なさすぎはガタがでて寿命を縮めます。







    最終的に各部の取り付け、締め付けをチェックし、洗浄をしたら作業自身は完了です。
    この後、タイヤホイールを装着し試乗。

    少し長い距離を試乗してみましたが、以前の音は消えておりこれで様子をみていただくこ
    とになりました。







    トラブルシューティングは、お客様からの情報が重要です。
    いつもと違う音や振動、感覚など普段からお乗りだからこそ気がつく違和感を元に私達は
    ある程度の想定などをしていきます。

    更に実際に現象を確認し修理方針を定めていきますがその方向性が間違ってしまっている
    と解決までに遠回りをしてしまったり余計な費用を掛けてしまいますので、慎重な判断も
    必要です。

    これまでのノウハウを総動員して、できる限り最短距離でトラブル解決ができればと考え
    ておりますので、もし、何か気になる点などがあれば遠慮なくご相談を下さい。
    いつでもご連絡をお待ちしております。




    0

      修理の対象は大小様々 業務内容で変ります

      当社では、軽自動車から国産、輸入車、大型トラックからパワーシャベルなど色々なカタ
      チのものをこれまでも修理、板金、塗装してまいりました。

      世の中には色々な仕事がありますので、その業務内容によって当然、使用されるクルマに
      は違いがあります。

      先日、お客様のご納車で本牧ふ頭に行ってまいりました。
      ふ頭は、港湾関係のでっかいトレーラーやトラックがえらい勢いで行き来しており、普通
      車ではちょっとしたらつぶされてしまいそうな雰囲気です。

      本牧ふ頭は、国際貨物のターミナルとなっているため入出庫も厳格です。
      出入り口で身分証明を求められたりと日中は簡単には入れないようになっています。

      ところで、ご納車のお客様がそのふ頭内で車両修理のお仕事をされているということで、
      その仕事場を拝見させていただきました。







      非常に背の高い入り口で、幅もかなりあります。
      写真中ほどの高さにあるところにちょうどエンジン部分がくるようになっており、メンテ
      ナンスや部品交換などもちょうど3階位の高さの位置で行うようです。







      何をメンテするのかというと港湾内では、非常にポピュラーな大型のコンテナ運搬機を主
      に行うようです。







      さすがに当社でもここまでのものは、お取扱をしたことがありませんがエンジン部分など
      は普通のクルマと同じと考えるとやってできないことはない???
      まあ、普通に考えれば専門の方に診ていただくのが一番間違いがありませんね。

      しかし、普通のフォークリフトと比べるとその大きさも父親と幼児位違います。







      専門の方に診ていただくのが一番ということですが、板金や塗装も同じです。
      最終的には人間がやることですので、知識や経験、もちろん設備なども含めてしっかり
      した専門店にお任せいただくのが、よろしいかと思います。

      保険事故のお取扱や格安修理などこれまでのノウハウを全てお客様にフィードバックさ
      せて頂いております。

      お悩みの際には、お気軽にご相談願います。




      JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ
      0

        車検期間延長 でもかなり混乱しています

        震災の被害状況や被害領域など時間の経過とともにその内容が少しずつではありますが、
        報道を通して分かってきたと思います。

        過去例にないほどの被害状況で、本当に心が痛みます。
        被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

        私個人的にも友人の奥様の実家が岩手県・宮古市にあり数日確認が取れなかったのですが
        昨日、親戚を通して親とご兄弟の無事が確認できたということで、私もホッとしたところ
        です。

        まだまだ被害状況は拡大をしていくようですが、物資の補給などもっともっと有効的な手
        段がないのか?と現代の災害対策にも少し疑問を感じてしまいます。

        当日は、夜になってもクルマの大渋滞と徒歩で自宅に帰られる方々で会社前も大変な騒ぎ
        でした。









        金曜日ということもあって、ご自宅が心配ということもあって皆歩いてでも帰られる方
        が多かったと思います。

        その後の土日ご来店のお客様のお話をお伺いする限り、9時間掛けて霞ヶ関から横浜ま
        で歩いて帰ってこられたなどと非常に苦労をされて帰宅された方が多かったようです。
        あとは、会社に泊まって土曜日にご帰宅という方も多く皆様もそれぞれにご苦労された
        ことと思います。

        会社のある保土ヶ谷区保土ヶ谷町は、停電もなく電話が通じない位で通常業務を行って
        おりましたが、今日からの計画停電などがどのような影響を及ぼすのか想像ができませ
        ん。

        そんな中、国土交通省から「東北地方太平洋沖地震に伴う自動車検査証の有効期間の伸
        長について」という文書が流れてきました。

        **********************************************************
        関東運輸局管内に使用の本拠の位置を有する自動車は、当面、継続検査を受けることが
        困難な状況であると認められるので暫定的に当該自動車検査証の有効期間の満了する日
        が平成23年3月11日から平成23年4月10日までのものは平成23年4月11日まで伸長
        るものとし、別紙写しの通り公示しましたのでお知らせいたします。
        なお、対策地域の復旧状態に応じて有効期間を再伸長することがあります。

        これによって関東運輸局管内の検査対象車両数約2156万台(軽自動車を含む)のうち
        約94万台が当該公示の適用を受けることになります。

        また、当該公示により有効期間伸長の適用を受けた自動車の自動車損害賠償責任保険
        (共済)の契約期間については、伸長された期間内の継続検査を申請する時までに契約
        すれば良いこととなります。

        対象地域
        茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県
        **********************************************************

        要は、最大で(3月11日満了のおクルマの場合)1ヶ月検切れの状態でも検切れとは扱い
        ませんということのようです。
        最短(4月10日満了のおクルマ)では、1日になりますので注意は必要です。
        ただし、暫定的なもので更に伸長することも検討しているということです。

        これは、陸運局の車検業務が正常に行われないため検切れのクルマが発生してしまうか
        もしれないことへの救済措置だと思います。

        実際、横浜陸運局も計画停電の時間帯は閉鎖をするという案内が届いており当社の業務
        にもすでに影響が出てきております。

        電話が通じないため確認のしようもなく非常に混乱をしております。

        茨城県の土浦、水戸陸運局は本日終日閉鎖ということです。
        再開がいつなのか、いつ閉鎖なのか情報量は非常に限られており対応に苦慮するところ
        です。

        計画停電が行われればその間、仕事が止まる部分もありますが、それ以外に社外の業務
        も止まってしまうためその影響も非常に大きいです。
        携帯が通じにくいのが一番辛く、どこへ連絡するにも連絡がつきにくく非常に困ってお
        ります。

        また、ガソリンも在庫が切れるスタンドが続出し、道は局部的に渋滞をしたり、コンビ
        ニではカップメン、電池を手に入れるのも困難な状況です。

        まずは、被災地への優先補給が第一だとは思いますが、じわじわと私達の生活にも影響
        が出てきています。ただし、いたずらなチェーンメールなどには惑わされないよう皆様
        もご注意をお願いします。

        とにかく携帯など通信手段を何とかしてほしいです。
        インターネットだけは、震災当日から当保土ヶ谷町では影響を受けていないので、何と
        か情報や通信手段を確保しておりますが、本当に何とかしてほしいところです。

        物流も混乱をしており注文した部品なども予定通りには到着せず納期などでお客様にご
        迷惑をお掛けする場面が今後出てくると思いますが、ご理解を賜りますと幸いです。

        何よりいち早い復旧を祈念致します。




        JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ
        0

          V8 結構大変です タイミングベルト交換

          おクルマも10万キロ近くになってまいりますとメーカー推奨ということもあってタイミン
          グベルトの交換時期を気にし始めることがあると思います。

          車種によっては、ベルトを使用せずチェーンの仕様のおクルマもあるためメンテナンスも
          微妙に違うのが実情です。

          ただし、チェーンだからといって交換が必要ないかというとそれも少し違っております。
          チェーン自身伸びるということもありますが、まあそれは微々たるものとしてもそれ以外
          の補記パーツの消耗やウォーターポンプなどの消耗などが考えられ、まったくメンテナン
          スフリーかというと語弊がありますので、ご注意をいただければと思います。

          ところで、今回はV8のタイベル交換です。








          少しバラしてありますので、すでにベルトが見えておりますがこれから外すものを外して
          ウォーターポンプ、テンショナーなどなどVベルトも含めて交換です。







          ウォーターポンプ、かなりデカいです。。。
          これ交換するの結構手間が掛かります。







          タイミングベルトなどの交換は、10万キロ位を目処に交換した方がよいとメーカーも
          推奨しておりますが、現実的には1台1台で消耗度なども違うため実際外してみたらま
          だまだ使用可能だったり、傷みが見られないなどとうこともあります。

          しかし、普段見ることのできない箇所でもありますし、万が一トラブルになった際に
          重症になってしまうことがある重要部品ですので、いかに転ばぬ先の杖としてメン
          テナンスを行うかが重要です。

          タイベル交換の際には、どうせ一緒に外してしまうものなので、Vベルトなども一緒に
          交換するのが一般的です。滅多にバラすような箇所ではありませんので、できる限り
          周辺のパーツは一緒に交換をしておいた方が良いです。その分工賃がお安く済みます。

          輸入車などは、もっともっと早くにタイベル交換を勧められますが、国産は非常に丈
          夫にできており車種にもよるのでしょうが、十分な安全率が掛けられているように思
          います。それでも過去の整備車を見ていると危険なおクルマもございますので、やは
          早め早めのメンテナンスをお勧め致します。







          今回のおクルマは、ランクルでしたが消耗度は非常に軽度でした。
          さすが世界のランクルといったところでしょうか。
          約10万キロを走行しておりましたが、これでまた安心してお乗りいただけることと思い
          ます。

          おクルマのメンテナンスも経験豊富な当社にお任せをいただけますと幸いです。




          JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ 
          0

            社外新品という選択肢 ラジ・コン

            事故修理や一般修理においてもラジエタやエアコンコンデンサの交換をするときがあります。

            事故修理の場合は、フロント部の損傷などでつぶれてしまったり、曲がってしまったりと
            見た目で分かりやすいです。

            最近のクルマは、運転手など搭乗者に被害が及ばないようにフロント部は、ちょっとした
            衝撃でもかなり損傷をし、そのおかげで怪我などはしにくくなっているのですが一般的に
            一番風の当たりやすい前方に装着されているラジエタ、コンデンサに損傷が及ぶというこ
            とが多くなっております。

            一般修理などの場合には、オーバーヒートの症状や車検の点検時などにラジエタの状態を
            確認した際に気がつくことが多いのが一般的です。

            年式の古いおクルマですと普段気にしていなくて、点検をしてみたらサビだらけ、ホース
            がダメダメなんてこともあるためたまにはラジエタキャップを開けて見てみると良いと思
            います。









            ラジエタやコンデンサですが、修理の際に普段ボンネットやドアなどは中古などをお勧め
            する場合がございますが、ラジ・コンに関しましては中古の信頼性がどの程度あるかなど
            懸念材料もあるためあまりお勧めしておりません

            ただし、新品を使用するとしてもメーカー純正品をそのまま使うよりもお安く済む社外新
            という選択肢もあります。

            写真がなくて少々残念なのですが、車種別でしっかり設定もありますので大抵のおクルマ
            は適用可能だと思います。(一部適用の無いおクルマもあります。悪しからず)







            機能的には全く問題はございませんし、純正品と比較して30〜40%位お安く済む可能性
            がありますので、交換の際にはご検討の余地があるかと思います。









            タイミングベルトの交換時期などは、多少気にしていたりしますがその他のホースやベルト
            などの方が一般的には寿命が短いですので、普段あまり気にしない箇所だけに車検ごとや何
            かの点検の際には一緒に見ておいて交換時期の予想や想定も大事だと思います。

            結構大事な役割を担っている部品類で、ともに常に熱や摩擦に耐えているモノですので地味
            ではありますが、定期的な点検をお勧めします。

            当社の場合、車検なども格安にて承らせていただいておりますので、その際には同時に点検
            をさせていただいております。

            いつでもご相談をお待ちしております。




            JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ 
            0

              さすがドイツ車 さすがポルシェ!?

              日々色々なおクルマの修理などを承っておりますが、その中でメーカーや車種でもパネルの
              嵌り方、パーツ類の装着方法などなどに非常に特徴があります

              修理の際には、パーツ脱着がほとんど付きものなのでその特徴が分かっていないと時間ばか
              りが掛かったり、最悪の場合には破損などをしてしまうため非常に重要な情報になります。

              国産の場合、トヨタ、ニッサンなど各メーカーがありますが、大よそ同じような特徴のため
              それほど神経を使う必要はないのですが、輸入車の場合、万が一パーツ破損などをしてしま
              うと部品価格も高くなりますし、納期が非常に長く掛かってしまったりとリスクもあるため
              慎重に行う必要があります。

              そんな中、ほ~と思うこともあります。
              ポルシェ カイエンでちょっとした修理ですが、フロントバンパーを外して塗装をします。









              バンパー脱着自身は、それほど難しくもないのですが、梨地の部分とバンパー部の分離を
              するのにも取り付けボルトは全てトルクス、はめ込みはツメなのですがかなりがっちり
              この時期ですとヒーターで暖めないとツメを外すことは難しい位がっちり嵌っていました。

              うーん。。。国産の比ではない位にしっかりといった具合です。

              エンブレムもしっかりと裏から止められていてさすがポルシェ!?
              (作業者としては面倒なのですが。。。 高そうなエンブレムです)









              裏までしっかりMade in Germany







              ヘッドライトの脱着は、かなり合理的。
              設計思想に個人的には思わず拍手。

              コアサポート上にある蓋を開けるとその奥の方に何やら。。。









              グリっとやるとズポっという感じで。。。あまり細かくはお伝えできませんが、ポルシェは
              皆同様で国産のようにバンパーを外したりグリルを外したり、エンジンルーム内の狭い
              場所の細かいボルトやナットをいくつか外してやっとというのとは、基本的な設計思想
              の違いを感じざるを得なく非常に合理的で個人的に本当に納得してしまいます。

              各メーカーのクルマをいじっていると本当によく設計思想のことを考えてしまいます。
              どうしてこれはこの形状で、この角度でこの位置にこの方法で、この本数使用されてい
              るのか?とかこの位置のこのボルトはどこからどのような工具を入れたら一番効率的に
              作業ができるのか?などなどちょっと理屈っぽくてくだらないと思われるかもしれませ
              んが、それを考えながら作業するのも自分なりの楽しみです。

              新車種などが出てくるとバラすのも初めてということになりますので、それはそれで緊
              張もするのですが、メーカーの傾向と対策を参考に大胆かつ細心に作業を行い万が一失
              敗をしたとしても二度と同じ事を起こさないよう前向きに進んでいくしかありません。

              当社の場合、国産、輸入車、トラックなどなど車種にこだわらずあらゆるジャンルのク
              ルマを扱ってきておりますので、ノウハウも豊富に蓄積があります。

              クルマのことであれば何でもご相談をいただければと思います。

              ところで、今日はこれからサッカー・アジアカップの準決勝 日韓戦です。
              サッカー好きの私にとってはこれからTV前で応援です。
              今の日本代表は、はっきり言って期待をしています。次回W杯仕様のメンバーと思える
              ところに先行きも考えて期待をしています。

              さあ~楽しみだ。   早く帰ろう。。。




              JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ 
              0

                HV車 取扱も違います

                世の中、本当にエコカーブームの影響でハイブリッド車の修理作業も増えてきております。
                販売台数が物語るのか、プリウスの入庫台数はその中では非常に多いのが実情です。







                修理箇所や損傷度合いによっては、電気系統の補修やパーツ交換などが伴ってきます。
                ハイブリッド車は、これまでのおクルマと違ってエンジンと電気モーターの組み合わせ
                ですのでお取扱も変わってきてしまいます。

                特に電気系統は、200V以上の電圧を発生しますので『低圧電気取扱特別教育』を受
                講し作業に携わらなければなりません。









                このオレンジコードの部分は、高電圧が掛かっており取扱には要注意です。







                これまでのおクルマにおけるバッテリー交換の要領で安易にオーナー様が、電気系を触っ
                たりいじったりしますと非常に危険ですので、ご注意が必要です。

                当社には、低電圧取扱者も常駐しておりますのでお任せを願います。







                HV車のカスタマイズも増えてきておりますので、ぜひ、ご検討の際にはご相談をいただけ
                ればと思います。



                いつでもお気軽にご連絡願います。




                JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ 
                0

                  フロントガラス交換 輸入品は、格安です

                  事故や走行中の飛び石などでフロントウィンドにヒビや割れなどが発生した場合、そのままに
                  しておく危険性も非常に高いため早急に交換せざるを得なくなります。







                  ヒビが小さなものでリペア補修が可能かどうかの判断は、おクルマ1台1台で分かれてきます
                  がいざ、交換となりますと非常に費用が掛かる作業になります。

                  おクルマによっては、10万以上の費用が掛かり中には15万以上などということもあります。
                  車両保険にご加入されている方であれば保険を使って交換などということももちろん可能で
                  すが、自費修理の場合、ほっとくわけにもいかないため予期せぬ出費となってしまいます。







                  フロントウィンドの交換につきましては、当社の場合、自社で行っております。
                  他の板金屋さんではガラスだけは、外注にお願いをしている場合も多いですが、当社の場合
                  修理に伴うガラス交換の件数も多かったため自社にて行っております。







                  フロントウィンド交換のコストの大半は、ガラス単体の費用に左右されます。
                  純正品のガラスは、非常に高価で総コストの8〜9割位を占めることとなります。









                  そんな時にお勧めなのが、輸入ガラスです。
                  純正品との違いは、大きくは刻印などがされていないなどの見た目の違いで、品質的なも
                  のは信頼性もあり十分に代替品として利用ができます。

                  輸入ガラスを利用する利点は、ガラス単体の価格が純正品と比較して格段に安いというこ
                  とです。国産車ですと大よそ純正品の50%offで済みます。







                  輸入車の場合、少し高くなってしまうのですがそれでも純正品を使用することを考えますと
                  20%off近くで交換作業が可能です。









                  不意に襲ってくる修理作業ですが、金額も高額になりがちですので自費修理などで少しでも
                  ご負担を減らしたいなどという時には、ご検討の中に入れておくと良いです。

                  当社の施工実績は、かなりの数に上ります。
                  ナビアンテナなどは再使用ができないのが通常ですが、交換の際には新品アンテナを取り寄
                  せして同時施工を致しますので、ご心配はありません。

                  お困りの際には、いつでもご相談を承らせていただきますので、遠慮なくご連絡願います。




                  JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ
                  0

                    | 1/1PAGES |

                    profile

                    smile-craftへ直接メールする

                    calendar

                    S M T W T F S
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    3031     
                    << December 2018 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    search this site.

                    links

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    PR